審美歯科

単に虫歯や歯周病の症状を取り除くだけではなく、審美性を考慮した治療がQOL(Quality of Life)の向上に不可欠です。

photo

歯肉の病的な変化として歯肉が下がってしまうというものがあります。その原因にはいろいろありますが、1本の歯だけが大きく歯肉が下がってしまった患者さんの写真です。前歯ですので笑った時に審美的な問題が生じますし、歯根(歯の根の部分)が露出していることで冷たいものや歯ブラシが当たった時に痛みを感じる「知覚過敏」の症状を示すことがあります。

photo

無くなってしまった歯肉を元に戻すための手術を行います。次の写真は手術から2年後の状態です。周りの歯と同じレベルの高さで歯肉が安定していることが分かります。術前の状態と比較すれば「見た目」のトラブルは解消され、知覚過敏症状もなくなり患者さんも満足されています。

Copyright (C) 2010 Suzuki Dental Clinic All rights reserved.