診療方針

当クリニックでは次のコンセプトに基づいた診療を行っています

1. 歯の大切さを考えて下さい

歯は食事をする時に必要不可欠な体の一部です。もし歯を失っているのであれば、入れ歯(義歯)、ブリッジやインプラントが歯の代わりとして働いて、食べ物を噛(か)むことができることでしょう。

では、なぜ歯を失って、入れ歯やブリッジを入れる治療が必要になったのか思い出して下さい。ご自身の年齢に左右されるかも知れませんが、歯周病やむし歯(カリエス)が原因で、歯を失ってしまった方がほとんどではないでしょうか。

ご自身の歯でしっかり噛め、おいしく食事をすることがどんなに楽しいことか想像してみて下さい。しかし、治療を受けられる方の歯を、全て抜かずに治すことは残念ながらできません。あまりにも歯周病やむし歯の状態が悪く、歯を抜くことが正しい選択となってしまうケースに多く出会います。もっと早く治療を受けられていれば歯を抜かずに治療ができたのにと思うことが多いです。

2. 早期発見、早期治療を目指します

歯の治療を受けようと歯科医院を訪れる時は、痛みや腫れなどの自覚症状が出ている時がほとんどではないでしょうか。歯周病を例にとると、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。痛みや歯ぐき(歯肉)の腫れが出てくる状態は、かなり歯周病が進行している段階と考えて下さい。また、むし歯は「初期むし歯」の段階から歯の神経まで届く深い虫歯までその状態はいろいろです。

早期の状態で歯周病もむし歯も治療を開始することで治療に要する時間、回数や治療費を少なくすることができます。

3. 予防に力を入れています

適切な表現ではないかもしれませんが、時間と費用をかけてせっかくきれいに歯周病やむし歯を治されたらすべて終了というのは大きな落とし穴が待っています。お口や歯は毎日使われるものであり、毎日使う食器のように汚れが付いてきます。お口はお腹の中と同じに細菌が住んでいて当たり前の環境です。なぜ歯周病やむし歯の治療を受けられたのでしょう?細菌の数が増えたことで歯周病やむし歯になったのではありませんか?油断をしていると歯周病やむし歯が再発する可能性は必ずあります。

お口の検診やクリーニングを希望されて当歯科クリニックにいらっしゃる患者さんが最近増えてきました。健康を取り戻したお口の状態を維持していくためには予防が大変重要であり、予防目的で来院されることで早期発見、早期治療にも結びついて行きます。

4. 歯周病治療は年齢に関係なく大切です

歯周病は中高年に限定した病気ではありません。20~30歳代でも重症の歯周病になってしまう患者さんがいらっしゃいます。歯周病と全身疾患との関わりについても数多く報告されてきています。お口の健康を維持する重要性が着目されています。また、歯周病が審美的な問題を引き起こしてしまいます。歯周病が進行すると症状の一つとして歯肉の位置が下がることがあります。その結果、歯と歯の間にすき間ができてしまい、とくに前歯では審美的問題へと発展してしまいます。

5. 審美歯科も重要な治療です

口元が顔の表情を変えたり、歯の色や形を気にすることで、口を大きく開けて笑ったりお話をすることを躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。食事、飲み物や喫煙による歯の着色も気になるものです。本来の歯の白さを取り戻すだけでも美しい笑顔を回復することができます。歯の汚れを取るクリーニングやホワイトニング、審美性を考えた治療を低料金で行っています。

Copyright (C) 2010 Suzuki Dental Clinic All rights reserved.